あっ草花

草や花からも気づきを得られる、そんな境地を目指して

水道水の農薬類の目標値等の改正案

「水道水の農薬類の目標値等の改正案」に関する意見が募集されています。
https://public-comment.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCM1031_CLS&id=495210188&Mode=0
受付締切日時は2021年9月17日23時59分です。

水道水に含まれる農薬類の許容量を多くするという改正案です。

自分は下記のような理由で反対しました。


「水道水の農薬類の目標値等の改正案に関する意見」

今回の水道水の農薬類の目標値等の改正案に反対します。
理由は、人体への健康被害の不安が払拭できないからです。


反対理由1、
「ホスチアゼート」「イプフェンカルバゾン」「メチダチオン」の人体への危険性や許容量がわからない。
それなのに目標値を緩和することに反対です。

飲み水、料理に使う水、洗顔、お風呂など、飲料水としてはもちろん目からや経皮吸収などの危険性はないのでしょうか?


反対理由2、
検討物質<イプフェンカルバゾン>
(動物種) イヌ
(期間) 1 年間
とありますが、犬で1年間検討しただけで数十年後の人体への影響がわかるのでしょうか?
人体への健康被害が懸念させる事案ですので、少なくとも新医薬品の承認と同等の期間や審査基準で検討して欲しいです。


反対理由3、
パブリックコメントの募集期間が30日間というのが短すぎます。
しかも令和4年4月1日から適用というのは早すぎます。

この短い募集期間でどれだけの意見が集まるのでしょうか?
また、募集締め切りから半年と少しで適用を予定していますが、反対意見を改善をする期間はあるのでしょうか?
私のような人体への影響の懸念を払拭するには短か過ぎます。


反対理由4、
今回、改正される原因になったであろう(2)検出状況を踏まえた分類の変更1概要ですが、
>水道の原水及び浄水で、目標値に対して高い検出濃度を示すデータが蓄積された
のであれば、目標値を緩和するのではなく、検出濃度が少なくなるように使用量を減らすなり、浄化能力を上げる工夫をして欲しいです。


よって今回の改正案には反対です。

共通

【きっかけ】


7/1のラジオで、アマゾンの本のランキングに関して問題があったと言っていた。


一位になった本が急に消えた。
その後、今は買えるようになった、と。


「たぶんこれやろう」と思った本のまえがきより。
本書は「新型コロナウイルスが恐くない理由」「PCR検査が信用できない理由」「コロナワクチンが危険である理由」「なぜ政府やメディアがここまで危機をあおるのか」などについて書いています。


つまりコロナワクチン否定派の本。
この本が買えなくなった経緯を言っていた。


「この本には問題がある」とアマゾンに警告した人がいた。

それを受けてか?一時販売が中止された。

販売中止を受けて出版社が声明を出した。アマゾンにも出版物を選ぶ権利があるが悲しい、みたいな。

その後販売が再開された。

理由を聞くと「間違いにより一時停止してしまったが、今は問題なく購入できます」という返事だった。


この話を聞いて、世界が二極化しているという話や分断という言葉を思い出した。


その後、クレヨンしんちゃんのお父さん野原ひろしの言葉(と思っていた)を思い出した。


正義の反対は悪なんかじゃないんだ。
正義の反対は「また別の正義」なんだよ。


でもどうやら野原ひろしの言葉ではないらしい。

moto-neta.com


・・・・・・・


これを思い出した後、数日前に読んだブログも思い出した。
この三六九神示はひふみ神示の続きらしい。


三六九神示

blog.goo.ne.jp


・・・・・・・


その後、テレビの街頭インタビューを見て、また別の考えもあることを見た。


つまり、世界は分断や二極化ではなく、大きく分けて4つの考え方になるのでは?と思った。


・・・・・・・


【4タイプ】


1、唯物論者、物質主義、科学万能主義
2、陰謀論
3、スピリチュアル系
4、ワレヨシ、無知、無関心


1、唯物論者、物質主義、科学万能主義
ワクチン肯定派は科学万能主義の人たちやろう。
目に見える物(検査数値)だけを信じる人たち。


2、陰謀論
その人たちの対極にいるのが陰謀論を信じる人たち。
「コロナはでっちあげ」とか「ワクチンは人体実験」と言っている人たち。


3、スピリチュアル系
1と2のどちらにもつかず、どちらも肯定する人たち。
スピリチュアルが好き、アニミズム、神様を信じている、神示を好む、中道や中庸を目指す人たち。


4、ワレヨシ、無知、無関心
世間は関係なく、自分のしたいことをする人たち。
世間に興味がなく、自分の世界に閉じこもっている人たち。


無知→言ったらわかってくれるかも知れない人
無関心→人の話を聞きたくない人
ワレヨシ→言っても変わらない人


・・・・・・・


【共通】


1と2の共通点は、お互いに教えてあげたいと思っていること。
1は2の人たちに、科学を信じなさい。
2は1の人たちに、危ないからやめておきなさい。


1と3の共通点は、人の意見は大切にしようという姿勢。
だから3の人たちは「ワクチンは絶対に打たない」という人は少ないと思う。


2と3の共通点は、常識を疑うところ、常識に流されないところ。


1と2と3の共通点は、それぞれ何かを信じているということ。
1は科学を。
2は陰謀論を。
3は神様を。


もう一つ1と2と3の共通点は、「みんなのために」と考えているところ。
1、「みんなのために言ってるんです」科学を信じましょう。
2、「みんなのために言ってるんです」危ないからやめておきなさい。
3、「みんなのために言ってるんです」神の声を聞きましょう。


4は別格に感じる。
コロナにかかりたくないから自分だけ先にワクチンを打ちたい。
自分はコロナにかからないし面倒だからワクチンは打ちたくない。
ワクチンを打つ、打たないは別にして、基準が「自分」の人たち。


・・・・・・・


【常識】


今は常識が有る人と非常識な人と常識が無い人がそれぞれ言いたいことを言っている感じがする。


1、唯物論者、物質主義、科学万能主義は常識があって、常識に固執している人たち。


2、陰謀論者は、常識を知った上で「その常識がおかしい」と言っている人たち。


「常識」で考えるなら、3、スピリチュアル系が一番、常識的な人もいれば非常識な行動をする人もいれば常識が無い人もいるかなと思う。


4、ワレヨシ、無知、無関心は、常識が無い。


常識:一般の社会人が共通にもつ、またもつべき普通の知識・意見や判断力。
goo国語辞書


・・・・・・・


【考え方】(自分なり)


1、唯物論者、物質主義、科学万能主義
物事の深い意味を求める。
科学万能主義の考えの人は、この世の中にはわかっていないことがどれだけあるかを理解する。
科学とはわからないことをわかるようにするための技術であって、科学でわかっていることがこの世の全てではない。
コロナウイルスは大昔から存在していたはず。
それが今になってこれだけ世界に広まった理由を神様の意思とするならその理由は?と考えてみる。


2、陰謀論
「悪いこと」ばかり言っていても良くならない。
「コロナは存在しない」と言っていたらコロナで苦しんでいる人たちが治るのか?
「ワクチンは危険」と言いふらしたら不安が増大すると思わないのか?
と思ったら自分も過去記事で同じようなことを書いていた・・・。
不安を増大させずにコロナが収束する方法を広めることに尽力するのがいいのでは。


3、スピリチュアル系
どちらの考えも理解し、どちらでもないよりよい方向を目指し、すべきことをする。


ひふみ神示
みたまを不断に磨いて一筋の誠を通して呉れよ
三六九神示
神人和楽、自然万物との共生忘れるなよ。
マルコによる福音書 7-15
すべて外から人の中にはいって、人をけがしうるものはない。かえって、人の中から出てくるものが、人をけがすのである。

神様の声を聞くためには自分の御魂が清らかでないと聞こえない。
だからまずは、御魂の掃除。
そして神様を信じてそのお声を聞こうとする。
神様の望みはなんであろうか?
そして直感に従い自分にできることをする。


4、ワレヨシ、無知、無関心
人の話を聞く。
人を思いやる。


・・・・・・・


【考え方】(師匠)


師匠から高次元の考え方を教えてもらったことがある。
次元とはものさしで、人との関係において役に立つ。
高次元な人ほどものさしが多い。
それはつまり人として幅が広いということ。


その中で6次元は方向、7次元は包容とある。
それを使って考えると、
コロナの収束(方向)を願い、みんな違ってみんないい(包容)という考え方を取り入れれば心が穏やかになるのではと思った。

梅原猛著作集 3 本

梅原猛著作集 3
梅原 猛/著

 

古事記―日本の原風景を求めて―」の著者として名前を見た時「見たことある」と思った。
前に本で読んだかな?と思って過去記事を探すも出て来なかった。
気にしていた時に図書館で名前を見たから借りてみた。


批判が多いのは面白くないが、書いてあることは納得できることが多く、読んでいて「日本人とは何か。」の著者、山本七平を思い出した。
それくらい理詰めで反論した後、持論を展開していた。


それにしても反論ばっかり。
「反対するための文を書いている」と思っているとその理由が書いていた。


92ページ
私も否定の言葉ではなく


思想的信念であると。
なるほどと理解した。


始めの方はちゃんと読んだけど、途中からだいぶん飛ばしながら読んだ。
それくらい自分には難しく面白くなかった。

易、風水、暦、養生、処世 本

易、風水、暦、養生、処世
水野 杏紀/著


面白かった。
かなりの広範囲をよく纏めたなぁと思った。
総合的に見れて、よくできた一冊だと思った。


情報量が多かった。


引用・参考文献
序章 なぜいま東アジアの宇宙論なのか:16冊
第一章 暦:40冊
第二章 易:24冊
第三章 風水:52冊
第四章 養生:42冊
第五章 処世:48冊


・・・・・・・


15ページ
風水も日本に伝播し、江戸時代には日本独自の家相という体系をつくりだした。
また医事についても、中国伝統医学は、日本の気候風土、習慣に合わせた鍼灸、按摩、漢方などに発展した。
<中略>
当時はこの伝統医学が中心であった。


31ページ
我が国の節分の行事といえば「鬼は外、福は内」の豆まきがある。
32ページ
平安時代以降、節分の豆まきのスタイルがうまれたといわれる。江戸時代には、広く庶民にも行われるようになった。


誰が何のためにこの考え方を広めたのか?


51ページ
『霊枢』邪客篇には「人と天地は相い応ずるなり」とある。
人は天地の間で生きる存在である。
人は天地自然の大宇宙のなかに存在する小宇宙である。
自己を取り巻く環境(自然)の変化やさまざまな関係性のなかで生きる。
したがって古代中国の人々は、その変化のありようを知り、それにあわせた心身の調整が大切だと考えたのである。
<中略>
四季の変化に順い、自然によりそい生きるならば、病にかからない。
四季の変化に逆らうならば、人体に邪気が侵入して病を引き起こす。


科学が発展して便利さを得た代わりに無くしたのはこういった考え方ではないやろうか。


56ページ
古代中国で形成されたもののみかたの根幹にあるのは、気の概念である。
我々の目の前に起こるさまざまな現象はみな眼にみえない気の働きに関係する。
それは場所と時間によって絶えず変化し、さまざまな関係性によって成り立っているととらえた。
それを読み解くために考案されたものが陰陽五行である。


「非時の香の花の音海の杜」のブログには日本と中国は違うとあった。
日本の風水〈1〉外国とは異なる五気

etoyotama.blog.fc2.com

実は、日本での五気は、
「空・風・火・土・水」なのです。
これは日本人の一霊四魂にも深く関わりのあるものです。


なぜかこっちを信じてしまう。


71ページ
易は変化の法則と不変の道理、森羅万象の関係性を説く。


93ページ
昔聖人が易をつくったのは、(これにより)人の性と天の命を貫く道理に従おうとしたためであった。
こうして天の道を立てて陰と陽、地の道を立てて柔と剛、人の道を立てて仁と義といった。
(こうして天地人)三才をふたつ重ね、六画で一卦とした(説卦伝)。


98ページ
また「艮は東北の卦。万物の終わりを成す所にして始めを成す所」とあり、艮は循環の境界線とされていたことがわかる。


艮(東北)は元々は不吉な方角ではない。
いつか誰かが言ったのが伝わって今は鬼門として嫌われるようになってしまった。


104ページ
易はいう、道理に明るい人は易と同じ、物事の始原を尋ね、その行く末を探り、一貫した理法を知る。
だから易で占わなくても事の推移、身の処し方を的確に判断できる。
けれどもそれをできる人は少ない。
だから「易の書たるや遠くにすべからず」(繋辞下伝)とし、易の書は(日々の生活の使用から)遠いものにしてはならず、身近に置くべきであるという。
そうすれば人生の有用な羅針盤となるのである。


座右の書みたいな感じなのかな。

110ページ
それに対し、李主はこう返答した。


李主の考える「賢者とは」が書いてあった。
長いけど「そうだ」と頷く内容やった。


113ページ
繋辞上伝には、「天を楽しみ命を知る。故に憂えず」とある。
人が天地の道理を楽しみ、わが命を知り行動するならば、憂えることがない。


122ページ
風は高く鳥のように天空を舞い、水は低く大地によりそいながら流れる。
風は眼にはみえないけれども、身体に感じられるもの。
水は眼にはみえるけれども、形を変えていくもの。
それはともに天地の間を行き交い、絶え間なく変化する。
そこに人が存在して関連しあう。
風水という言葉にはそうした含意があるように思う。


だから風水を取り入れるということは、自然と共に生きるということ。
自然を制御しようとするからおかしなことになる。


123ページ
随経にいう、気は風に乗れば散じ、水を界すればとどまる、と。
古えの賢人は気を集めて散じないようにさせ、気をめぐらせてそれをとどめて保つのである。
故にこれを風水という。
風水の法とは水を得ることを最もすぐれたものとし、風を蔵するものはこれにつぐものとする。


128ページ
風水技術の恩恵の享受は儒家的な人の道を前提としていた。


P176ページ
中焦(体の横隔膜から臍までの部位で、脾と胃が属する)→手の太陰肺経(臓:陰)→手の陽明大腸経(腑:陽)→足の陽明胃経(腑:陽)→足の太陰脾経(臓:陰)→手の少陰心経(臓:陰)→手の太陽小腸経(腑:陽)→足の太陽膀胱経(腑:陽)→足の少陰腎経(臓:陰)→手の厥陰(けついん)心包経(臓:陰)→手の少陽三焦経(腑:陽)→足の少陽胆経→(腑:陽)→足の厥陰(けついん)肝経(臓:陰)→中焦


182ページ
養生とはみずからの心、精神のありようが重要となる。
道徳の体得とそれにもとづく徳の行いがあって実現できるという。


201ページ
太極拳の特長は、すなわち気を丹田に沈めることである。
すなわち老子のいうところの「気を専らにして柔を致す」という技能(功夫)を実践することである


230ページ
足るを知る


232ページ
柔が剛を制する


245ページ
明治三年(一八七〇)の大教宣布では神仏分離が命ぜられた。
<中略>
全国で廃仏毀釈の運動がおこった。


245~246ページ
明治七年(一八七四)には医制が発布、医師はこれを免許制としたが、西洋医学を学んだ者に限られ、伝統医学は除外された。
これにより、日本が千年以上培った医学の研究と臨床の蓄積は多大な打撃を受けることとなった。

この時伝統医学を残していたら、今の医療はもっと素晴らしいものだったに違いない。

あとがき
温故知新―あらたな発見は、ふるきをたずねることにある。


・・・・・・・


古い文献だから正しいとは限らない。
後から出てきた情報が正しいとも限らない。
どちらも科学的に証明できないならどちらを信じるかは読み手次第。


科学に頼りすぎてはいけない、というのはこの本からも学べる。

思考と動き 本

1950年(昭和25年)の今日、7月2日に金閣寺が放火され全焼したらしい。
今朝のラジオで知った。


その事件を元に三島由紀夫が「金閣寺」という小説を書いたらしい。
NHKの「100分 de 名著」で知った。


その番組で小説を朗読していた。
「俺は君に知らせたかったんだ。この世界を変貌させるものは認識だと。他の物は何一つ世界を変えないのだ。認識だけが、世界を不変のまま、そのままの状態で、変貌させるんだ」
「世界を変貌させるのは決して認識なんかじゃない」
「世界を変貌させるのは行為なんだ。それだけしかない」


番組HPにはこうあった。

www.nhk.or.jp

「世界を変えるのは認識か、行為か」という議論が繰り返しなされます。


これがあったからやろう。
前に借りた本を図書館に返しに行ったとき、目に付いて気になったから借りた。


・・・・・・・


思考と動き
アンリ・ベルクソン/著


非常に難しい哲学書やった。
本の裏面には「入門書」とあったけど・・・。


「理解しよう」としながら読んでいたら意味がわからなかった。
ふと、師匠の「思い出すように勉強する」という言葉を思い出して「説明しながら」読んでみたら意味がわかりやすくなった。
それでも難しくて途中で断念。


感想は先に他の本を読んでからこの本を読み終えて書くか、返却期限が来たら書こうと思っていたけど、今日が全焼した日だと聞いたから「ちょうどいい」と思って先に書くことにした。


「非時の香の花の音海の杜」のブログには
念ずるより 行いもて
とあった。

感情の正体 本

感情の正体 -発達心理学で気持ちをマネジメントする
渡辺 弥生/著


面白かった。
情報量が多かった。
参考・引用文献が15ページに亘り紹介されていた。


前に読んだ「感情とはそもそも何なのか」は科学的な内容が多かったのに対して、この本は心理学で感情を説明していた。


音喩(おんゆ)と換喩(かんゆ)のところも面白かった。


43~44ページ
日本語には感覚や感情を表す擬態語(オノマトペ)が多くあります。
心の状態を音で表す擬情語とか音喩と呼ばれます。
<中略>
同様に、顔つきはもとより四肢や内臓など身体的変化に基づいた感情表現もたくさんあります。
これは換喩と呼ばれます。
<中略>
私たちはこうした言葉を使うことによって、他者と感情を共有し、共感することができるのです。


第二章を読んで、親の態度が子供の性格を作るということがよくわかった。


66ページ
こうした個人差が生まれる要因は、親の養育態度が深く関係していると考えられています。


はじめにより
この本の目標は「感情」というキーワードをもとに、それに操られないための知恵やスキル、支援のあり方を探ることです。
これは、感情を俯瞰したり客観視したりする「メタ認知」の力を伸ばすことにつながります。
そのために心理学、とりわけ発達心理学という切り口から、有効な最新エビデンスを取り上げました。
感情というものの特徴がわかれば、すなわち対応する相手の正体がわかれば、幸せになるつき合い方や問題解決の方法を得られるからです。


「感情」について学ぶにはとてもいい本。

鶏卵

6/24
夫婦別姓 再び認めず


読売新聞の一面に記事が出た。


前日のニュースで知っていたけど、一面のトップ扱いに驚いた。
新聞を読み進めてさらに驚いた。


1面、3面、4面、8面、33面の合計5面に記事が載っていた。


前回まとめたこともあり、今回もまとめることにした。


・・・・・・・

 

tiku100year.hatenablog.com

4月の「判決」の記事は、夫婦別姓で婚姻届けが受理されないのは、法の下の平等に反するという訴えで、判決は「婚姻は有効に成立しているけど、婚姻届けは受理しない」という矛盾はあるが、法律(民法)に従いなさいという内容やった。


これに対して今回のは「法律自体が違憲じゃないの?」という裁判やった。


憲法98条
この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅(しょうちょく)及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない


だからもし「違憲」だと判断されていれば、法律をひっくり返せた。
けどそうはならなかった。


今回の内容は、夫婦別姓を認めないのは「違憲」だと訴えたけど、判決は5年前同様「合憲」


・・・・・・・


3面 社説 夫婦同姓合憲
自民党内に「別姓は家族の一体感を損ねる」といった反対論が根強く、国会への提出は見送られた経緯がある。


だから「選択制」にしようって話やのに・・・。
したくない人はしなけりゃいい。
夫婦が二人とも「別姓がいい」と言っているのは「一体感」にならないのか。


・・・・・・・


4面
中曽根弘文会長は「子に与える影響や社会的混乱などの観点から、社会の分断やイデオロギー的な対立に陥らないよう留意し、議論を行う」とのコメントを出した。


子供とは話し合いが必要になる時がくるやろう。
お父さんと一緒がいい、お母さんと一緒がいい、みんな一緒がいい、他の家族と違うのは嫌だ、とかにはなりそう。
でもそれを会話で乗り越えていけると思っているから別姓を希望するんやろうし、そういう会話をした方が家族の絆は深まると思う。
子供が希望して両親が納得した時、変更できるようにしておけばいい。


社会的混乱?出るの?
社会の分断?なるの?
イデオロギー的な対立?する??


共産党穀田恵二国会対策委員長も記者会見で「一部が理屈にならない理屈で反対している。時代錯誤だ」と自民を批判した。


・・・・・・・


8面 「夫婦別姓」決定要旨
三浦守裁判官の意見
結論においては多数意見に賛同するが、夫婦別姓の選択肢を設けていないことは憲法に違反する。


これに同意。


・・・・・・・


夫婦同姓義務付け、日本のみ 国連、たびたび改正勧告

www.jiji.com

国連の女性差別撤廃委員会は、03年と09年の勧告で民法の夫婦同姓規定について「差別的だ」と批判、選択的夫婦別姓制度の導入を求めた。
<中略>
同委員会は16年、「女性が婚姻前の姓を保持できるよう法改正を」と再び勧告した。


・・・・・・・

 

結婚する予定もないのになぜこの問題が気になるのか考えた。


それは、「選択的夫婦別氏制度」に反対する理由がわからないから。
それと、法律や憲法が完璧なものではない、といういい事例だと思うから。


・・・・・・・


NHKが、自社ビルに高額なお金を使ったり社員の給料が一般的なサラリーマンと比較してかなり高額でありながら、チャンネル数を減らしたり予算や給料を減らすなどの努力をせず受信料の減額もせずに、インターネットでの配信を開始して「テレビがない」という人たちからも徴収する仕組みを作り見たくない人からまでも強制的に料金の徴収をするのは、お金が欲しいから。
これは腹は立つが理解はできる。


政治とカネの問題が無くならないのも、お金が欲しいから。
これも腹は立つが理解はできる。


しかし、「選択的夫婦別氏制度」に反対する理由はわからない。
社会的混乱・社会の分断・イデオロギー的な対立になるんやろうか?


法律や憲法は人間が自由と規律のバランスを取るために作り出した制度だと思う。
それで考えるなら「選択的夫婦別氏制度」という自由を求めることに対して、規律で押さえつけていることになる。


戸籍制度の歴史とは?いつから始まったものなのか。

ka-ju.co.jp

班田収授法(はんでんしゅうじゅほう)という法体系のもと、古代日本で人民・農地の管理と租税・徴兵の目的で戸籍制度が作られました。つまり、この時代の戸籍制度は人民の支配・管理のためだったのです。


政治家が変わらないと政治が変わらず、政治が変わらないと国民の幸福度は変わらない。
政治家が変わるためには国民が変わる必要がある。
卵が先か鶏が先か。